陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、香炉、花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

今年の火鉢は小さめに

菊並みですね

 とっくに忘れてしまってましたけど、今頃は東京などでは日没が16時台で定時に退社しても外は真っ暗でしたが、それより1時間ほど日没が遅い沖縄は18時前でもまだ少し明るさが残ります。

 

 北海道とは1時間半以上違いますから、生活の中での日中の感覚は随分違うんでしょうね。

 

 この季節には電照菊という開花時期を遅らせるために夜間も照明を当てている畑がイルミネーションの様相を呈していますが、沖縄が小菊生産量日本一なのは日照時間の長さも一因なのでしょうか。

 

 話は飛びますが、ご存知のように米国には毎年3月第2日曜日~11月第1日曜日の間がサマータイムで、切り替わる日の0時に2時間ずらすのですが、始まりの時は夜がいきなり長くなり、逆に終わる日は夜が急に短くなります。

 

 始まりの時は夜が長くなって得した気分ですが、終わる日は夜の10時が翌日0時になりますので、眠くないのにベッドに入る感じです。

 

 シアトルではピーク時は夜の暗い時間は6時間もなく、夜10時くらいまではまだ明るいので「暗くならないと飲む気になれない」夜になると開花する日本人の駐在員たちには不評でした。

 

 菊と一緒よね。

 

 そんな30年ほど前の日々を思い出す沖縄の夜です。

 

 

イルミネーションアワード第3位

 沖縄市の東南植物楽園では毎年クリスマスを挟んでイルミネーションを見ることができて、毎年の地元ニュースでもその年の新作や目玉などが紹介されてきましたが、それら全てが職員自らの手作りという創意工夫の素敵なエピソードが満載のスポットです。

 

 その見せ場の一つ「ひかりの散歩道」が、全国6,100人の夜景観賞士が選ぶ今年のイルミネーションアワードのイルミネーション部門で全国3位に選ばれたそうです。

 

 県内で初めてトップ10入りした昨年の7位を大きく上回った快挙に職員が一番驚いている様子が何とも素敵でした。

 

 こういう人たちが作るから、優しさと愛情に溢れる作品になるのでしょうね。

 

 私は一昨年の夏でしたか、県内の蓮の花の名所として同園に行ったことがあるのですが、その蓮池にイルミネーションの蓮の花が並んでいて、テレビで見ただけですが水面に移る姿がとても美しかったです。

 

 これから一層、派手さはないけれど、ゆっくりと楽しめるより素敵な場所になっていくと思います。

 

 同園のイルミネーションは来年5月まで。

 

 

公設市場1年延期

 牧志の公設市場は現在近くの仮建物で営業中で、来年4月に元の場所で営業再開予定でしたが、1年延期となったそうです。

 

 理由は地盤が予想外に緩く、対応に時間が掛かっているということだそうですが、何で今頃言う?という感じです。

 

 待ち合わせ時間の5分前に「20分遅れる」と連絡が来るようなもので、もっと早く分かっていただろうにと思います。

 

 入居者らには既に知らされていて、公表が今になったということでしょうか。

 

 それでも公設市場に入居しているお店のオーナーは高齢の方も少なくないので、「元気なうちに戻りたい」というお声は切実ですね。

 

 ホントにあと1年で完成するんだろか?

 

 

今年の火鉢

 今年もテーブル火鉢と手炙り火鉢を作りました。

 

  

 

 先日、珊瑚土のテーブル火鉢をご購入いただいた方から、お茶会の席で湯かんを沸かしていますと画像をいただいて、気を良くしている今日この頃です(いたって単純な性分でして)。

 

 今年は、より多くの方々に使っていただきたい願いを込めて「小さく」を意識しました。

 

 土は耐熱性のあるものを使用していますので、土鍋と同じように直火に掛けても大丈夫でなんですが、それでも炭の大きさを考えると手のひらサイズという訳にはいかず、これくらいが限度かなと。

 

 幅は、丸い手炙り火鉢が19cm、すり鉢形のテーブル火鉢の方が28cmくらいです。

 

 大分小さくなったので、時々網を置いて肴をチョッと炙ったりしてもらいたいなぁ、なんて思っています。

 

 炭に火を付けるのは手間ですが、ゆらゆらと赤く燃える様は見た目にも暖かく、おススメさせていただいています。

 

 部屋も温まりますが、換気はお忘れなくお願いいたします。

 

 

 

◎記事内の青文字をクリックすると当該サイトにジャンプします。

 

◎ブログランキングに参加しています。応援して下る方はここをポチっとお願いします。

 

 

◎「おもてなしにも使える家庭料理」の料理レシピブログも書いています⇒「餃子右衛門の食卓

いぶし金彩手炙り火鉢小1

価格

8,500

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 手先をホッコリと温める手炙り火鉢です。    テーブルの上に置いても収まりが良いように小さめに作りました。    お饅頭のように少し横に広がった形の、ポッテリとした佇まいです。    上部の蓋部分全体に透かし彫りを施し、全体を渋い色合いの燻し金彩で焼きました。    土鍋などと同じ耐熱用の粘土を使用…

いぶし金彩テーブル火鉢小1

価格

8,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 卓上で炭を焚き、見た目でも温まるテーブル火鉢です。    全体に燻したような黒みがかった光沢のない渋い金彩釉を掛けました。    土鍋などと同じ耐熱用の粘土を使用しておりますので、炭火による高温には耐えられますが、高温の状態で水などをかけて急冷すると割れやヒビが入ることがありますので、ご注意ください。  …

いぶし金彩手炙り火鉢3

価格

20,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

小振りの耐熱性手炙り火鉢です。   少し横に広がった形の、どっぷりした佇まいです。   上部の蓋部分全体に透かし彫りを施しました。   渋い色合いの燻し金彩釉を施しました。   土鍋などと同じ耐熱用の粘土を使用しておりますので、炭火による高温には耐えられますが、高温の状態で水などをかけて急冷すると割れ…

いぶし金彩丁子風炉3

価格

65,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

陶器製の丁子風炉です。 耐熱土に渋い光沢のある金彩釉を施しました。 丁子風炉は、上の窯に乾燥させた丁子(クローブ)と水を入れ、灰を入れた下の炉で火を起こした炭を焚き、室内の芳香や傍に吊るした衣服に香りを移したりするのに使われます。

関連情報

生活空間に彩と癒しを愉しむ

陶器の通販サイト | 陶房然庵

沖縄でやきもの作家として活動しております、陶房然庵の松野然と申します。

弊工房では「灯り、香り、草木で生活空間に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、
沖縄の天然珊瑚砂を練り込んだ珊瑚砂シリーズをはじめ、
オリジナルデザインのランプや香炉、花器などの陶器を製作しております。

ご自宅や店舗などのインテリアアイテムとしてはもちろん、
大切な方への特別な贈り物にもおススメさせていただいております。

弊工房の作品は「商品一覧」の各通販サイトから(PC版は右上のカートから)ご購入いただけます。
一つ一つ丹精を込めた作品をご覧いただければ幸いです。

屋号 陶房然庵
所在地 〒901-2134
沖縄県浦添市港川1-29-8ライオンズマンション港川801号
営業時間 11:00~18:00
不定休
代表者名 松野然
E-mail info@zenan2016.com
ギャラリーへのご来場についてのお願い  工房兼自宅内に、展示&販売スペースとしてギャラリーを併設しております(現在休止中)。

 ご利用時間は11時〜18時、17時半頃までにご入場ください。不定休とさせていただきます。

 ご来場に際しましては事前のご予約をお願いしております。

 詳細につきましては、「ご利用ガイド」の「ギャラリーご来場者様へのお願い」をご参照、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

特集

陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、香炉、花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

〒901-2134 
沖縄県浦添市港川1-29-8
ライオンズマンション港川801号

080-1249-1010

11:00~18:00
定休日:不定休 ギャラリーへのご来場につきましては事前のご予約をお願いいたします(現在休止中)。