陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、塊根植物用の鉢、香炉や花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

あの頃は

 沖縄はいきなり30℃超えの6月頃の気温になって、この季節の湿気と重なって蒸し暑い日が続いています。

 

 虫たちも一斉に活気づいたようで、何処から入ってくるのか、部屋の中を飛ぶ虫を網で捕まえて逃がす日々です。

 

 捕虫網は部屋の中で必須アイテムです。

 

 GWには30万人以上が沖縄を往来するようで、相変わらず東京の3倍、全国一感染が広がっているところですから、観光客の方は地元での普段以上に慎重に過ごしてください。

 

 知事は、沖縄に来る人が出発前にPCR検査をする制度を設けるようにと言い続けていますが、全国最悪の感染状態を続けている沖縄から出る人の方に義務付けるのが正しいのではと思うわな。

 

 沖縄の梅雨入りは大体GW明け以降ですが、今年はもしかするとGWに重なるかもしれませんね。

 

 予報では雨マークの連続ですが、せめて晴れ間が少しでも多く出ることを祈っています。

 

 我が家のギャラリーはCLOSE中で中にはお通しできませんが、ITEMSページをご覧いただいて品物がお決まりであれば、建物の玄関前でお手渡しさせていただきます。

 

  ご希望の受け渡し日時は事前にご連絡いただきたく、お願いいたします。

 

 誠に勝手で恐縮ではありますが、ご検討いただければ幸いです。

 

 

断捨離オークション

 昨年10月から初めた終活断捨離のヤフオク出品はまだ続いていまして、お陰様で食器類が数百点は片付き、物置きやキッチンの食器棚も風通しが大分よくなりました。

 

 最終的にはあと数百点は処分したいと思っていますが、チョッと気力が疲れ気味なのでヨンナー(ゆっくり)やります。

 

 振り返ると、使いもしない食器類をよくこんなに買い込んだなと。

 

 コレクターではないので所有欲ではなく、使う気で購入したものの結局使わなかったというものなので、我ながら呆れます。

 

 そういえば、東京から沖縄へ移る時の引っ越し荷物の100箱以上が食器類でしたw。

 

 引っ越し業者が、「割れ物、下積み厳禁」ばかりでどうやって車載するか戸惑ってましたね。

 

 それはそうと、今回、屋根裏の物置きにしまい込んでいたものにも手を伸ばして、古い雑誌が入っている箱を見つけました。

 

 その中にレタスクラブが数冊あって、当時の記憶が蘇りました。

 

 もう、30年以上前ですが、私載ったことがあるんです。

 

 

あの頃は

 「素人の男子が作る簡単レシピ」というコンセプトの新企画に私が載ることになったんです。

 

  

 

 経緯は、私の学生時代の友人の奥さんが、当時レタスクラブの編集社に勤めていて、彼らの新婚宅に遊びに行ったときに夕食を私が作ったことがあって、新企画の人材発掘の際に奥さんから白羽の矢が飛んできたという次第。

 

 しかしながら、母が料理上手だったこともあり私は実家で料理はしませんでしたし、お菓子作りなども母が作っているのを見ていたくらい。

 

 最初は「知識がない」とお断りしたのですが、「そこが良いんだ」と言われ、アイデアだけでも書いてといわれ、人助けのつもりで10個くらい手書きのイラスト付きのアイデアを渡しました。

 

 今思うと、この時から既に彼女らが引いたレールに乗せられていたのだと思います。

 

 年上の女性ってコワいと実感したあの頃。

 

 その後、「文だけでは何ですから、一度編集社へ来て説明してもらえます?」→編集社に行ったら、編集長以下各担当者など、全員女性がズラリと並んだ部屋に通され、「この度はご協力いただいて有難うございます」→「面白いアイデアですので、レシピに落とし込んでください」→「実際に作ってもらえませんか?」→「できれば作っている場面を撮らせてもらえませんか?」→「名前や顔写真も一緒に掲載させてください」と、日を追うごとにトントンとあちらのペースで進んで行きます。

 

 最初に会社員なので名前や顔写真は不可と伝えていたのですが、「分かりました」と言いながら、撮影日の前の晩に担当者から「やっぱり顔写真と名前が無いと絵にならないと編集長に言われまして」と電話があって、既に食材など全て買い揃えていたこともあって断れず(断ったら自腹)、気合も入っていたので結局了承することに。

 

 最初から一度に一気に畳み掛けると抵抗感が生まれるから、ジワジワと追い詰めて、上手く乗せられたという感じです。

 

 最初から見透かされていたんでしょうけどw

 

 撮影当日は、プロも使う白金台のキッチンスタジオに行くと、そこに編集社からは担当者とテーブルコーディネーターと挿絵のイラストレーター、加えてフードカメラマンとその助手などが集まってました。

 

 普段見ることのできない撮影現場や、これだけためにこれ程の人たちが動くんだという、サラリーマンとは縁のない仕事の世界を垣間見れて楽しかったです。

 

 その後、日を変えて全部で4品目を撮影して、その内の3品目が掲載されました。

 

 リンゴのフローズンケーキ、パンプキンボールのチョコレートがけ、抹茶風味の白玉団子。

 

  

 

  

 

  

 

  

 

 「スポーツガイ」って言葉が時代を感じさせますね(運動得意じゃないんだけどw)。

 

 

発売日の衝撃

 最初に担当者から「今回の企画は、素人の男子が30分くらいで簡単に作れるオリジナルのお菓子を紹介するもの」と説明がありました。

 

 3人の男性を交互に載せるとのことでした。

 

 当時27歳くらいの私が「男子」かは別として、菓子作りの知識がない自分なりに頭に浮かぶものを形にした次第です。

 

 で、撮影から数か月後。

 

 最初は私ではなく、先に撮影を済ませていた他の方の回から始まりました。

 

 それを読んで驚きました。

 

 確かにプロの料理人やパティシエではないのですが、時々テレビにも出てきて自慢料理を紹介していたバイオリニストで、しかも載せたのが「ミルクレープ」。

 

 100枚くらいを数時間かけて焼いて、でき上がりにブランデーを振り掛けて、炎でボっ!みたいな。

 

 どこがオリジナル?

 

 どこが簡単レシピ?

 

 どこが30分くらい?

 

 ついでに、どこが「男子」?

 

 ツッコみどころは別として、企画を真に受けた私の作ったものと交互に載るんかと思うと、途端に見劣り感が込み上げました。

 

 で、それからです。

 

 菓子作りの技術を身に着けるために、直ぐにレシピ本を買って、片っ端から作りました。

 

 クッキー、バターケーキ、チーズケーキ、スポンジケーキ、シフォンケーキ、タルト、パイ、プリン、ババロア、スフレ、ムース、アイスクリーム、餡子、団子、どら焼き...

 

 本に載っていた洋菓子、和菓子全ての素地や素材を作れるように、毎日、毎日作り続けて練習しました。

 

 その知識を基にもう少しレベルアップしたものを次回の撮影までに考えようとしたのですが、3人目が見つからなかったとかで1年の予定が半年くらいで打ち切りとなり、私には菓子作りの知識だけが残りました。

 

 その後の人生には結構役に立っているので、無駄にはなりませんでしたがね。

 

 

その後

 いろいろ思い出したので、ついでに。

 

 当初名前や顔写真を載せないのを条件にしていたのは、会社内でいろいろ言われるのが嫌だったからで、誰にも話していませんでした。

 

 前述のように、最終的には普段レタスクラブを買っている社員がいても限定的だと思って承諾したわけですが、これが誤算でした。

 

 当時社内に出入りしていた生命保険会社の外交員が、販促や契約者への特典にレタスクラブの簡易版を配布していて、私が掲載された号の発売当日に会社中で話のネタに。

 

 当時私が社内恋愛中だったことまで一緒になって、役員にまで広がってましたね。

 

 その後は、「有ること無いこと」どころか「無いこと無いこと」が面白おかしく語られるようになって、知らない女子社員と神田でデートしていたのを見たとか言われるようにまで至って、全くもって下衆のなんとかですな。

 

 退職してから6年ほど経ちますが、会社に関する夢がどれもロクでもないのは、あの頃から続いています。

 

 いろいろ思い出してしまいましたので、いろいろ忘れたい。

 

 

 

◎記事内の青文字をクリックすると当該サイトにジャンプします。

 

◎ブログランキングに参加しています。応援して下る方はここをポチっとお願いします。

 

 

◎「おもてなしにも使える家庭料理」の料理レシピブログも書いています⇒「餃子右衛門の食卓

【SALE】珊瑚土漆塗り裂紋ランプ2

特別価格

38,000

(税込)

42,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 透かし彫りと裂紋(嘯裂文:しょうれつもん)、漆塗りを組み合わせた陶器製インテリアランプです。    真っ白な陶土に沖縄の海岸で採取した天然の珊瑚砂を練り込んで、琉球石灰岩のような質感を表現しました(珊瑚砂の採取につきましては、沖縄県土木事務所の許可を得ています)。    外側は細かいヒビ割れ模様の嘯裂文で覆…

4.5号白黒練り込み三脚鉢1

価格

5,950

(税込)

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 「多肉植物、塊根植物(コーデックス)をよりカッコよく美しく」をテーマに作った植木鉢です。    上部のみ白黒の土を層状に錬り込み下部の黒土とのコントラストにしました。    側面に水紋をモチーフにした鎬模様を施しました。    高台は3本の脚に割っています。    底の内部は極力水が溜まらないように…

【SALE】5号白黒練り込み三脚鉢2

価格

2,800

(税込)

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 「多肉植物、塊根植物(コーデックス)をよりカッコよく美しく」をテーマに作った植木鉢です。    上部のみ白黒の土を層状に錬り込み下部の黒土とのコントラストにしました。    側面に水紋をモチーフにした鎬模様を施しました。    高台は3本の脚に割っています。    底の内部は極力水が溜まらないように…

珊瑚砂蚊取り線香ホルダー2

価格

4,500

(税込)

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 中心から放射線状に鎬模様を彫った蚊取り線香ホルダーです。    真っ白な陶土に沖縄の海岸で採取した珊瑚砂を練り込んで、琉球石灰岩のような質感を表現しました(珊瑚砂の採取につきましては、沖縄県土木事務所の許可を得ています)。    珊瑚砂の質感を残すために、ボディ外側には施薬せず、内側のみ光沢を抑えた金彩の釉…

【SALE】珊瑚土テーブル火鉢青結晶くば扇1(鉢のみ)

特別価格

9,000

(税込)

18,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 冬場の手炙りの他に、テーブルでのカジュアルな茶事、特に夏場の茶事などにおススメの火鉢です。    真っ白な陶土に沖縄の海岸で採取した珊瑚砂を練り込んで、琉球石灰岩のような質感を表現しました(珊瑚砂の採取につきましては、沖縄県土木事務所の許可を得ています)。    ボディの外側は白土の質感をそのまま生かすため…

生活空間に彩と癒しを愉しむ

陶器の通販サイト | 陶房然庵

沖縄でやきもの作家として活動しております、陶房然庵の松野然と申します。

弊工房では「灯り、香り、草木で生活空間に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、
沖縄の天然珊瑚砂を練り込んだ珊瑚砂シリーズをはじめ、
オリジナルデザインのランプや香炉、花器などの陶器を製作しております。

ご自宅や店舗などのインテリアアイテムとしてはもちろん、
大切な方への特別な贈り物にもおススメさせていただいております。

弊工房の作品は「商品一覧」の各通販サイトから(PC版は右上のカートから)ご購入いただけます。
一つ一つ丹精を込めた作品をご覧いただければ幸いです。

屋号 陶房然庵
所在地 〒901-2134
沖縄県浦添市港川1-29-8ライオンズマンション港川801号
営業時間 11:00~18:00
不定休
代表者名 松野然
E-mail info@zenan2016.com
ギャラリーへのご来場についてのお願い  工房兼自宅内に、展示&販売スペースとしてギャラリーを併設しております(現在休止中)。

 ご利用時間は11時〜18時、17時半頃までにご入場ください。不定休とさせていただきます。

 ご来場に際しましては事前のご予約をお願いしております。

 詳細につきましては、「ご利用ガイド」の「ギャラリーご来場者様へのお願い」をご参照、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

特集

陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、塊根植物用の鉢、香炉や花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

〒901-2134 
沖縄県浦添市港川1-29-8
ライオンズマンション港川801号

080-1249-1010

11:00~18:00
定休日:不定休 ギャラリーへのご来場につきましては事前のご予約をお願いいたします(現在休止中)。