陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、香炉、花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

そりゃ、あんまりだわな

取っ手つきゴミ袋

 先日浦添市の指定ゴミ袋を買いに行ったら、「小」サイズの取っ手付きを見つけて、狂喜している私です。

 

 以前から私のブログを読んでくださっている方はご存知と思いますが、私が移住してきたころは、沖縄の各市町村指定の有料ゴミ袋には取っ手がついていなくて、口を結びづらいことをボヤいていましたし、数年前でしたか宜野湾市が取っ手付きを販売し始めたときは、浦添市にもリクエストしたくらい。

 

 その後、暫くしてから浦添市でも「中」サイズの取っ手付きが売られましたが、私は一人暮らしなので「小」でないと。

 

 その時は「小」には取っ手付きは無かったと思います。

 

 あれから大分経ちますが、いつからだったんでしょうか? 

 

 見落としてただけだったのかな?

 

 何にしても使いやすさが大違いなので、これは嬉しい変化です。

 

 小さい幸せ集めましょ。

 

 取っ手無しの方を早く使い切りたい。

 

 (もちろん、取っ手無しの方も販売継続中です)

 

 

無様なお名前!?

 少し前に放送された「日本人のおなまえ!」で、「いくらなんでも、あんまりだ」という珍妙な山の名前を特集していて、石垣市に「無様岳」という名前の山(岳)があることを知りました。

 

 正しくは平仮名の「ぶざま岳」で、沖縄県最高峰である於茂登岳(おもとだけ)に連なり、地元方言で「尾っぽ」を意味する「ぶさーま」が由来とか。

 

 時間の経過とともに訛って「ぶざま」になってしまったんでしょうけど、当時は「無様」という日本語が地元で使われていなかったんでしょうね。

 

 言葉の響きとは真逆に、番組でも紹介されていましたが、そこから見下ろせる川平湾は絶景(下記画像)で、イマドキのキラキラネームとはいえない名前ですが、皆さんに親しまれたらいいですね。

 

 ぶざま岳 川平湾

 ※画像は登山ガイド.comから

 

 

 

◎記事内の青文字をクリックすると当該サイトにジャンプします。

 

◎ブログランキングに参加しています。応援して下る方はここをポチっとお願いします。

 

 

◎「おもてなしにも使える家庭料理」の料理レシピブログも書いています⇒「餃子右衛門の食卓

関連情報

生活空間に彩と癒しを愉しむ

陶器の通販サイト | 陶房然庵

沖縄でやきもの作家として活動しております、陶房然庵の松野然と申します。

弊工房では「灯り、香り、草木で生活空間に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、
沖縄の天然珊瑚砂を練り込んだ珊瑚砂シリーズをはじめ、
オリジナルデザインのランプや香炉、花器などの陶器を製作しております。

ご自宅や店舗などのインテリアアイテムとしてはもちろん、
大切な方への特別な贈り物にもおススメさせていただいております。

弊工房の作品は「商品一覧」の各通販サイトから(PC版は右上のカートから)ご購入いただけます。
一つ一つ丹精を込めた作品をご覧いただければ幸いです。

屋号 陶房然庵
所在地 〒901-2134
沖縄県浦添市港川1-29-8ライオンズマンション港川801号
営業時間 11:00~18:00
不定休
代表者名 松野然
E-mail info@zenan2016.com
ギャラリーへのご来場についてのお願い  工房兼自宅内に、展示&販売スペースとしてギャラリーを併設しております(現在休止中)。

 ご利用時間は11時〜18時、17時半頃までにご入場ください。不定休とさせていただきます。

 ご来場に際しましては事前のご予約をお願いしております。

 詳細につきましては、「ご利用ガイド」の「ギャラリーご来場者様へのお願い」をご参照、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

特集

陶器の通販サイト | 陶房然庵 陶器の通販サイトをお探しなら陶房然庵。「灯り、香り、草木に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、香炉、花器等のオリジナル陶器を製作しております。ご自宅や店舗のインテリアとして、大切な方への贈り物にも最適です。

〒901-2134 
沖縄県浦添市港川1-29-8
ライオンズマンション港川801号

080-1249-1010

11:00~18:00
定休日:不定休 ギャラリーへのご来場につきましては事前のご予約をお願いいたします(現在休止中)。