陶房然庵  陶器専門 製作/販売 大切な人への贈り物におススメのイッピンです!

ドールチェアじゃなくてドームチェア

「餃子右衛門の食卓」更新

 私が書いている料理レシピブログ「餃子右衛門の食卓」を久しぶりに更新しました。

 

 沖縄に来てからは更新が年周行事並みなので、「書いている」と言うのは憚られますが。

 

 今回は沖縄では定番夏野菜であるヘチマ、地元の言葉では「ナーベラー」を使ったレシピです。

 

 「鶏肉とヘチマのマスタード煮」

 

 レシピブログはこちら→餃子右衛門の食卓

 

  

 

 先日見たNHKのニュースの料理コーナーで紹介されていたものを、自分流にアレンジしたものです。

 

 パクリですなw

 

 沖縄のナーベラー料理は沖縄の甘い白味噌で煮た「ンブシー(蒸し煮)」が多いですが、粒マスタードを使った洋風だったので面白いなと。

 

 ナーベラーは新鮮でないと味が極端に落ちますし、内地の方が食材にお使いになる機会は少ないと思いますので、ナーベラーをナスに置き換えていただければ年中使える簡単レシピです。

 

 是非お試しください。

 

 レシピページはこちら→「鶏肉とヘチマのマスタード煮」

 

 そして、余った半分のナーベラーで、赤味噌のンブシーも作ってみました。

 

  

 

 石垣島の店で昼食に食べた、沖縄でも珍しい赤味噌のナーベラーンブシー定食の味が忘れられません。

 

 こちらのレシピもまた簡単です。

 

 ①ナーベラーの皮をピーラーで剥いて、厚さ2cm程度の一口大に切る

 

 ②フライパンにサラダ油(大さじ1.5)、ごま油(小さじ1)を入れ、ナーベラーに薄く焼き色が付くまで両面焼く

 

 ③赤味噌(大さじ4)、八丁味噌、日本酒、みりん(各大さじ1)、醤油(小さじ1)、水(大さじ4)を解き交ぜたものを加えたら、火を弱めて少し煮たら出来上がり

 

 ナーベラーはすぐ火が通るので、味噌を加えたら煮絡める程度で大丈夫です。

 

 ちょっと甘めにする方が美味しいと思いますので、砂糖を加えてもいいと思います。

 

 余った煮汁は肉を焼くときにでも再利用してください。

 

 赤味噌に薬膳味噌を加えても美味しそうですね。

 

 ん~、へるすぅぃ~!

 

 ところで、沖縄は長寿県のイメージがありますが、一部にはご長寿の方はいるものの、現在は全国で最も不健康な県になって久しいです。

 

 正しくは、50人以上の事業者で定期健康診断を受けた従業員中、何らかの異常が見つかった人の割合が70%と、全国ワースト状態が10年続いているということです。

 

 沖縄県はより小規模の企業が多いですし、健康診断を受けない人が多いことも問題視されているので、実情はもっと悪いと考える方が妥当でしょう。

 

 そうなる理由は肉や脂もの中心の食事や飲酒過多を含めた生活習慣だということは、数値から誰もが分かっているのに、他のウチナー習慣同様に変える気はないんでしょうかね。

 

 沖縄の自然もですけど、折角の健康的な食文化を、何よりも自分の体をもっと大事にして欲しいですね。

 

 

ブラックドームチェア

 「ドールチェア」ではなくて、脚付きのドームなので「ドームチェア」。

 

 どっちでもいいとは思いますけど...w

 

 ハロウィーンのイメージで何か作ろうとしていたところ、デスメタルを聴いてたせいか、だんだんアイアンメイデンのようなのにしたくなって、こんなんなりました次第です。

 

  

 

  

 

   

 

 さすがにトゲトゲは外側だけで、内側には付けませんでした。

 

 この辺が振り切れてない、私の甘いところでしょうか。

 

 最近は歩き出しそうな、この形の脚が好みです。

 

 こちらは既にネットショップに出品中です。

 

 

「繭」っていい響き

 ところで、先日、お客さんが私の珊瑚土の白いドームを「繭」と呼んでくださっていると知って、今までスッキリとしていなかったネーミングに、ストンと落ちるものを感じて、とても嬉しく思っています。

 

 透かし彫り模様の中に所どころ入れていた、波や水紋、草木の朝露、蝶や鳥の羽のモチーフは、ドームを海辺や森の中に置いた時にシックリと溶け込んで欲しかったからですが、「繭」はその中に居るドールを包むように、外側と内側の時間と空間を繋げてくれるように感じます。

 

 全ての「ドーム=繭」ではありませんが、これからより明瞭なイメージで作品作りができるようになってくる気がしています。

 

 そしてこの度、初めて「繭」という漢字を書けるようになりましたw

 

 併せてお礼申し上げます。

 

 

 

◎記事内の青文字をクリックすると当該サイトにジャンプします。

 

◎ブログランキングに参加しています。応援して下る方はここをポチっとお願いします。

 

 

◎「おもてなしにも使える家庭料理」の料理レシピブログも書いています⇒「餃子右衛門の食卓

ブラックドームチェアM2

価格

38,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 黒い土、黒い釉薬で、全体に透かし彫りを入れた脚のあるドームを作りました。    ドールやキャンドルライトなどを入れてお愉しみいただければと思い作りました。    ドームの部分は檻のような格子模様を入れ、鳥かごとアイアンメイデンを併せたような佇まいです。    トゲトゲは内側ではなく外側だけに配しています…

珊瑚土ドールドームM3

価格

35,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 ボディ全体に透かし彫りを入れた、脚付きのドームです。    ドールの居場所やLEDのキャンドルホルダーなどにお使いいただくイメージで作りました。    真っ白な陶土に沖縄の海岸で採取した珊瑚砂を練り込んで、琉球石灰岩のような質感を表現しました(珊瑚砂の採取につきましては、沖縄県土木事務所の許可を得ています)。 …

ブラックドールチェアM4

価格

38,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 ヤバそうな奴が座りそうな椅子をイメージして、黒い土、黒い釉薬でゴシック調の椅子を作りました。    ドール用としてだけでなく、LEDキャンドルライトなどを置いたりして、オブジェとしてもお愉しみいただけると思います。    背もたれは、節のある7本の太い柱を細い横軸で危なげに支えています。    座面の下には…

ブラックドールドームL1

価格

58,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 黒い土、黒い釉薬で、全体に透かし彫りを入れた黒いドームを作りました。    ドールやキャンドルライトなどを入れて楽しんでいただくイメージで作りました。    背中や開口部の縁などトゲトゲを付けて、チョッと怪獣っぽいですね。    全体は真っ黒い釉薬で、部分的に金彩の釉薬を重ねて、結晶のような表情を見せて…

ブラックドールチェアM2

価格

48,000

(税込)
ご購入はこちら

送料、ギフトラッピング有無につきましては販売サイトにてご確認ください。

商品紹介

 黒い土、黒い釉薬で人形用の黒い椅子を作りました。    結構ヤバい「ワル」を主にしている椅子をイメージして作りました。    座面の下には、トゲトゲした脚が沢山ぶら下がっていて、椅子の意思で今にも歩き出しそうです。    この椅子の隠れた銘は「Gothic Centipede」。    背もたれは、左右の太い柱を蜘…

関連情報

生活空間に彩と癒しを愉しむ

陶房然庵  陶器専門 製作/販売

沖縄でやきもの作家として活動しております、陶房然庵の松野然と申します。

弊工房では「灯り、香り、草木で生活空間に彩と癒しを愉しむ」をコンセプトに、
沖縄の天然珊瑚砂を練り込んだ珊瑚砂シリーズをはじめ、
オリジナルデザインのランプや香炉、花器などの陶器を製作しております。

ご自宅や店舗などのインテリアアイテムとしてはもちろん、
大切な方への特別な贈り物にもおススメさせていただいております。

弊工房の作品は「商品一覧」の各通販サイトから(PC版は右上のカートから)ご購入いただけます。
一つ一つ丹精を込めた作品をご覧いただければ幸いです。

屋号 陶房然庵
所在地 〒901-2134
沖縄県浦添市港川1-29-8ライオンズマンション港川801号
営業時間 11:00~18:00
不定休
代表者名 松野然
E-mail info@zenan2016.com
ギャラリーへのご来場についてのお願い  工房兼自宅内に、展示&販売スペースとしてギャラリーを併設しております(現在休止中)。

 ご利用時間は11時〜18時、17時半頃までにご入場ください。不定休とさせていただきます。

 ご来場に際しましては事前のご予約をお願いしております。

 詳細につきましては、「ご利用ガイド」の「ギャラリーご来場者様へのお願い」をご参照、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

特集

陶房然庵  陶器専門 製作/販売 大切な人への贈り物におススメのイッピンです!

〒901-2134 
沖縄県浦添市港川1-29-8
ライオンズマンション港川801号

080-1249-1010

11:00~18:00
定休日:不定休 ギャラリーへのご来場につきましては事前のご予約をお願いいたします。